ジュニアテニススクール

3才から高校生まで

 スポーツマンシップや心身の健全な発達を促します

人間の成長の中で一度だけ訪れる神経系の発達が著しい5~8才を【プレ・ゴールデンエイジ】と呼び、新しい動きを見ただけですぐに身に付けることが出来る9~12才を【ゴールデンエイジ】と呼びます。
神経系の発達がめざましいこの時期に養うボール感覚や、ラケット感覚は、一生忘れないものです。
当スクールでは、「ボールを追いかける楽しさ」「チャレンジする心」を育み、子供自らが、ゲーム(試合)を通して「スポーツマンシップ」を身に付けること、心身の健全な発達のお手伝いをします。

 テニスの上達をサポートするレッスンスタイル

レックテニススクールでは、決まった曜日・時間のレッスンが基本です。担当のコーチが皆さんの上達をサポート。お一人おひとりに親切丁寧な指導をしています。
 当スクールのテニスコーチを紹介


年齢・体格に合わせてテニスを楽しめる「PLAY&STAY」を導入

ITF(国際テニス連盟)が提唱する「PLAY&STAY」を導入し、年齢・体格に合わせた適正な年齢・体格に合わせた適正な「ラケット」「ボール」「コートサイズ」でレッスンを行う事で、子供達にテニスのゲームの楽しさを伝え、上達を目指します。また、レッスンでは身体を動かすことだけでなく、ルールやチームワーク、明るく自己主張することなどを学びます。
スポンジボール・・・テニスを始めるキッズ用の柔らかいスポンジボール。
レッドボール・・・ITF公認のボールスピードで、イエローボールの75%減。
オレンジボール・・・ITF公認のボールスピードで、イエローボールの50%減。
グリーンボール・・・ITF公認のボールスピードで、イエローボールの25%減。
いずれも、スピードが緩まり、バウンドする高さも程よくなるため、キッズ~ジュニア世代が正しいフォームを身に着けながらテニスを楽しむことができます。


ジュニアテニススクールのレッスン風景


大切なことを伝えるため
独自メソッドを導入しています

photo
RECジュニアプログラム

てのひらにはめる専用のラケットを装着してテニスを行います。通常のラケットよりも手に近い感覚でプレーできるため、ラケットと言う道具を操作する難しさを排除し、テニスの楽しささに熱中できます。また、楽しさの中でテニスの動きが自然に身につくため、ラケットに持ち替えたときに上達を感じていただけます。

お子様たちが楽しみながら上達できるレックテニススクール独自メソッドです。

RECジュニアプログラム
RECジュニアプログラムの詳しくはこちらから


レベルと時間帯
体験レッスンの紹介
電話をかける03-3935-9838

最新タイムテーブル&カレンダー

DSC_0158

2022.5.2

最新コーチ担当表、レッスンカレンダー

5月コーチ担当表 4月期から5月期で担当コーチの変更箇所がございます。 変更箇所は以下の通りとなります。 月曜 1限 はじ…

レックテニススクール Twitter

ページ上部へ戻る