高島平張人の「テニスラケットの選び方」

image1

稲毛です!

早速ですが皆様はパソコンの使い過ぎで眼の疲れや肩のこりを感じた事はありませんか??

私は高島平でもPCの作業をする機会は多いですし、自宅でもパソコンを使います。

以前は目の疲れにほ非常に悩まされてきましたが、今はブルーライトカットを謳ったPC用メガネのおかげでかなり楽になりました♪

以前使っていたものが「似合わない」との声を多数頂いていた事と、古くなってきたので最近新調しました♪

稲毛のNEWメガネ、要チェックですよ♪(笑)

また、最近は他にも自宅のシーリングライトも暖色寒色・光の強さを調節できるものに変えてみたり、
自宅のPCには、ディスプレイから出るブルーライトを減らすアプリも導入したので、こちらの効果も楽しみです♪

目の疲れでお悩みの方は是非試してみてください♪

以上私の最近の出来事でした♪

…このままだとタイトルが詐欺になってしまいますので、ラケットのお話をしたいと思います。(笑)

15年、20年前は、ラケットのウェイトが320gや330gのような、
今で言うと非常に重たいラケットを使っているプレイヤーが沢山いました。

その後、バボラのピュアドライブの爆発的ヒットからフェイス100インチ、ウェイト300gをラケットの黄金比と呼ばれるようになり、
そのようなスペックのラケットを各メーカーが主力商品として市場に投入し、主流になってきました。

そして今、私がこれから主流になってくると考えるラケットは…

ウェイト285gです!

それはなぜか。

最近のラケットは技術の進歩や素材によりフレームがしっかりしてきたと感じているからです。

ウェイトが軽いラケットのデメリットである、面安定性が低い(面ブレしやすい)点がかなり解消されています。
その点を除けば軽い事には
・速く振れる
・取り回しが良い
等メリットも大きいので、
皆様には是非一度、お持ちのものよりもウェイトが軽めのラケットを手に取ってみて欲しいと思います!

いわゆる黄金率は、試合に出ている男性を基準にしています。
今までのイメージよりも少し軽いウェイトのラケットから、
・性別
・年齢
・筋力
・目指すプレースタイル
等を踏まえて手に取るラケットを変えていくと、
より皆さんのパフォーマンスを発揮できるラケットに出会えるのではないでしょうか♪

ウェイトもさることながら、
フレーム断面の形状も
・ラウンド形状と呼ばれるしなりの少ないもの
・ボックス形状と呼ばれるしなりやすいもの
の他に、
それぞれの良いとこ取りの中間的なものも増えてきました。

このように以前から比べてラケットのスペックも多様化し、フレーム厚、面サイズ等、流行りも移り変わって来ていると感じています。

ラケット選びに迷っている方は是非高島平のスタッフにご相談下さい♪


関連記事

最新タイムテーブル&カレンダー

DSC_0158

2017.6.30

最新レッスンカレンダー

2017年7期のクラス担当コーチをお知らせ致します。 コーチ変更する可能性がございます。 その際にはあらためてご案内いたします。 担当…

ページ上部へ戻る